マルっとチャンネル見てくれてる?🥹

【新報】SANKYOが2023年3月期の決算を公表。営業利益174%増と好調。

公開日:2023年05月15日

SANKYOが2023年3月期の決算を公表。営業利益174%増と好調。

SANKYOは5月11日、2023年3月期の決算を公表しました。

パチンコ・パチスロ機の販売台数が大幅に伸び、連結業績では売上高が1,572億9,600万円(前期比85.4%増)、営業利益が585億3,200万円(同174.1%増)、経常利益が593億4,100万円(同166.6%増)、純利益が468億9300万円(同153.9%増)という大幅な増収増益を達成したとのことです。

パチンコ機の販売では、SANKYOブランドの「フィーバーからくりサーカス」「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱」、Bistyブランドの「宇宙戦艦ヤマト2202 -ONLY ONE-」「ゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒」、JBブランドの「フィーバークィーンRUSH」など、新たに10タイトルの機種と7タイトルのリユース機種を発売しました。

その結果、パチンコ機の販売台数は268,726台(前期比63.3%増)、売上高は1,225億7,600万円(同70.6%増)、営業利益は542億2,300万円(同124.6%増)となりました。

特に「フィーバーからくりサーカス」「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱」は大量導入されていたイメージが強く売り上げ貢献も大きかったことでしょう。

パチスロ機では、SANKYOブランドの「パチスロ アクエリオン ALL STARS」、同社のスマスロ第1弾「パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ」、Bistyブランドの「パチスロ機動戦士ガンダムユニコーン」の3タイトルを発売しました。その結果、パチスロ機の販売台数は51,581台(前期比129.9%増)、売上高は225億5,100万円(同153.6%増)、営業利益は92億8,000万円(同682.6%増)となりました。

6.5号機・スマスロとしての先駆け機種をそれぞれ発売しこちらも売り上げ貢献となりましたね。

補給機器関連事業は、ホールにおいてスマートパチスロ機の導入に伴う設備投資が活発に行われたこともあり、売上高119億円(前期比207.9%増)、営業利益7億円(同540.9%増)となったとのことです。

24年3月期の業績予想については、パチンコ機28万7,000台、パチスロ機は9万台の販売を計画。

売上高1,750億円(前期比11.3%増)、営業利益595億円(同1.7%増)、経常利益600億円(同1.1%増)、純利益415億円(同11.5%減)を見込んでいるとのことです。

今年はどのような機種を送り出すのか

直近ではパチンコ・パチスロともに「炎炎ノ消防隊」の発売や、パチンコで「P コードギアス 反逆のルルーシュ Rebellion to Re;surrection」が発売されたところですが、今後はどのような機種が出てくるのか楽しみですね。

パチンコでは、先読みレバブルなど熱くなれるカスタムがユーザー受けが良い印象があり、パチスロでは、少し波の荒めな機種が多いため今後のコンテンツでどのようになっていくのか注目したいですね。