2月のスケジュールをチェック( ´∀`)

【新台】七匠『P真速のガッチャマン Infini-T Force』スペック&資料公開! 現行機最速!?

公開日:2022年11月11日

七匠『P真速のガッチャマン Infini T Force』スペック&資料公開!

P機の覇権争いに巻き込まれてお財布が寂しい全国の皆さん
こんにちはなんだパチ。

冒頭でも話したように、ここ最近P機の出玉競争がものすごい事になっているんだパチね。
『うしとら』辺りで頭打ちになったかと思ったら、
ここ最近は”出玉期待値”や”獲得比率”という言葉で私たちユーザーを煽るようになってきたんだパチ!

そんな状況の中、
七匠が広く愛された1G連スタイルでの新台を引っ提げてきたようなんだパチ!

というわけで、今回はこの『P真速のガッチャマン Infini-T Force』について
皆さんと一緒にお勉強していく回になるんだパチ。

この時期に出す新台がガッチャマンて…大丈夫かって思うパチね…。

今までも、そしてこれからも”最速”

機種タイトルにもある通り、本機の売りはなんといってもその速度なんだパチ

資料では、「SPPEDレースに終止符!」なんて強気な文言が書かれているんだパチね。


(そういうこと言うからみんながアクセルをベタ踏むんだパチ。)

さらには、「記録にも記憶にも残るのは1位だけ!」なんて発言も。
それ勝ってから言ったほうがいいんじゃありませんパチ?

本当に残ってほしいのは稼働だと思うんだけど…。
まぁいいです。本機が速さに対して相当な自信を持っていることだけはわかったんだパチ。

その速さの源となっているのは、『NOインターバル』と呼ばれるシステムなんだパチ。

大当たり感のインターバルを極限まで縮め、更にはアタッカーを増設して消化速度もアップすると。
なるほど、たしかに速そうな感じしてきたパチね。

でもインターバルを縮める手法って『P七つの大罪2』でも見た気がするから、
特段目新しい機能かと言われると微妙なところパチね…。

ゲームフローについて

続いてはゲームフローから見ていくんだパチ。

通常時の初当たりはRUSH直行17回転の引き戻しゾーンのどちらかに振り分けられるんだパチ。
詳しくはスペックの章で話すけれど、初当たりは450個の払い出しが基本になるんだパチ。

RUSHは1G完結型のよく見る『月虹』スタイルなんだパチ!

 

RUSH中に選べる演出は全3種類
個人的には、王道のバトルタイプと後告知が面白そうだなって思うんだパチ!

スピード感とはまた別に、この辺は既存の類似機種と似た打感みたいで良きパチね。

通常時演出等について

続いては演出等について。資料にざっくりとした記載しかなかったから、
こちらもざっくりと紹介して次へ進むんだパチね。

資料を見る限りでは、通常時の演出も特にややこしいところはなくて。
よくあると言ってはアレだけど、”共闘”が鍵を握るようなんだパチ!

大方、4人集まって70%あるかないかくらいになるんだパチね

引き戻しゾーン『レジェンドステージ』

次は引き戻しゾーン『レジェンドステージ』のお話なんだパチ

こちらはヘソの通常当たりやRUSH転落後に突入する引き戻しゾーン
といえば聞こえは良いけれど。もらえるのはたった17回転パチ

と は い え 。

『P麻雀物語4』のような引き戻し区間のループはなくて
ここで当たりを引けばRUSHに復帰することができるんだパチ。

1500発が確るのは嬉しいパチね。

スペックについて

おまたせしました、スペック紹介のお時間なんだパチ。

といっても、基本は『月虹』のような1G連ループタイプなので目新しい点はないんだパチね

通常時の振り分けRUSH:時短付き:何もなし、が55:20:25という形になっているんだパチ。
(正確には55の内10%が1500個払い出しのRUSH突入ルート。)

前述したように初当たりは基本450個の払い出しだけど
1500個の振り分けに加えてRUSHがALL1500個払い出しだから、
最近流行りの3000発スタートも可能
になるんだパチね。

またRUSH中の転落時にも1500個が保証されているから、
「RUSHにぶち込みさえすればとりあえず1500個が確る」のはやはりアドなんだパチ。

前述した17回も”無いよりはマシ”といった感じだけど、
RUSH継続失敗でしれっと通常時に放り出されるのが嫌いには人にはいいかもしれないんだパチ。

と思ったんだけど、
よくよく考えるとこれこれ17回の時短…要るパチ?

「同じ450個でドキドキして欲しいから時短ありと無しを用意しました!」、
とも取れるんだけど。果たしてその真相は如何に。

正直なところ「牙狼GIでよくね?」と思わずにはいられないスペックではあるんだけど、
あちらよりもボーダーが高くなりそうな印象があるパチ。

店側の扱いによっては、活躍を見ること出来る…かもしれないんだパチ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おまけ ユーザーアピールについて

資料にも記載があったから、このおまけコーナーで原作版権の話をしておくんだパチ。

本機の原作版権『Infini-T Force』は、
2017年にタツノコプロ55周年を記念して作られた劇場用3DCGアニメーションなんだパチ。

ガッチャマン、キャシャーン、ポリマー、そしてテッカマンのクロスオーバー作品ですパチね。

最近悪い意味で話題になった方もいますが、見ての通り声優陣も豪華パチ
本機に華を添えてくれることは間違いないんだパチね。

だけど。

このメンツで若年層まで訴求ってのは無理なんだパチよ!

ポリマーは2017年に実写映画が制作されていたり、
テッカマンブレードはギリギリ30代の方が幼少期に見ていたレベルとはいえ。

コンテンツ力で若者への訴求力を狙うのであれば、
同じタツノコでも『ガッチャマン クラウズ』でも持ってきたほうが良い気がするんだけどそれは…。


(OPがおしゃれなアニメ、として度々話題に挙がる作品。筆者未視聴。)

台数次第ですが、これも何かの機歴だったりするんだパチね?