サイト情報 6月分に更新できました

【新報】「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2023」参加人口が過去最低を更新。

公開日:2023年05月26日

「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2023」参加人口が過去最低を更新。

シーズリサーチは5月24日、シーズリサーチ(調査元)、EBI、APJとの共同調査による「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2023」の速報版を公開しました。

調査結果によると、2023年の遊技参加人口は約809万人となり、前年比で約28万人の減少が見られました。

昨年は参加人口がわずかに増加しましたが、今年はわずかながら減少に転じました。

ただし、全体の割合を見ると、主要な参加者層である30代・40代よりも50代以上の減少率が低かったようです。

高齢層では新型コロナウイルスの影響が緩和された可能性があると考えられます。

しかし、新型コロナウイルスの影響が続く中、生活環境が変化したことで、遊技参加者数は1995年の調査開始以来、過去最低になりました。

今後は新型コロナウイルスによって減少した遊技者をどう呼び戻し、パチンコ・パチスロの魅力を新たな層にどう訴求していくかが課題となりそうですが、スマート遊技機の普及や遊技環境の改善等が進めば遊技者の増加を見込めるのではと考えられます。

遊技時間や頻度は昨年と比べて大きな変化はありませんが、パチンコ・パチスロの両方で1〜2時間未満の遊技時間の割合が若干増加しました。

また、ヘビーユーザー層はわずかに増加し、ミドル・ミドルライト層は減少し、ライト・レア層は増加傾向が見られました。

この調査はWEBアンケートによって実施され、調査期間は2023年2月下旬。

スクリーニング対象者数は41,515サンプルで、本調査の対象は過去1年以内に遊技経験のある1,500サンプルでした。

 

ヘビー層・ライト層が増加し、ミドル層が減少。その意味とは…

以上の結果を踏まえると、新型コロナウイルスの影響で、確かに参加人口は減少しているものの、減少している層はミドル・ミドルライト層だということ。

ヘビー層が微増し、ライト層は増加しているので、ミドル・ミドルライト層に戻ってきてもらえるように頑張ってもらいたいですね!

このデータは速報版なので、続報をみんなで待ちましょう!