2月のスケジュールをチェック( ´∀`)

【ジンクス】パチ屋の店長さん、スマスロ『ヴァルヴレイヴ』導入であることを思い出してしまう【小ネタ】

公開日:2022年11月06日

スマスロ導入、迫る

スロッカスさん! スマスロパチよ! スマスロ!

私が仕事のついでに訪れる某ホールでも、アナウンスが出されたり。
業界全体が浮かれ気分になっているのがよくわかるんだパチね。

いや、貶してないパチ。全力で褒めてるパチよ!
なんせ良いニュースと悪いニュースが3:7くらいで語られる業界ですパチね。

乗らなきゃ、このビッグウェーブに

『鏡』以外の3機種は11月下旬に登場するわけなんだけど、
パチンコホール各店も導入に向けて東奔西走しているご様子なんだパチね。

そんななか、なにやら不穏な空気を感じ取った方がいたようで…?

期待という名の呪い

ツイッターのついでに仕事をするのが私の日常なんだけど、
着眼点が興味深いツイートを発見したんだパチ!

確かに、新規則機の中でも設定付システムをいの一番に搭載したのは『SANKYO』
しかも版権は『革命機ヴァルヴレイヴだったんだパチ。

この機種がどんなものだったかは、おまけに譲るとして。

「受け手側が期待しすぎている」状況もあるとは思うんだけど、
個人的には「開発が頑張りすぎて空回りしている」という印象も強いんだパチね。

例えば同社では『PF戦姫絶唱シンフォギア3』がそれなんだパチ!

初代と2作目でゲームシステムと演出が完成されてしまっていた本機。
待望の3作目では出玉面を煽りすぎた結果、
ホール側も上手く運用できず早くも通路になりかけているみたいなんだパチね。

気合いを入れて作ってくれるのも良いんだけど、
我々がそれを受け止めきれないんだパチよね…。

スマスロ第一弾機種達もそうならないと良いんだけど…。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おまけ パチンコ『革命機ヴァルヴレイヴ』史

一部では「脚本以外の全てが良かった」と語られるアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』くん

CRF革命機ヴァルヴレイヴ

そんな同作品が初めて遊技機で登場したのは2017年のこと。
初当たり確率が1/179という絶妙な数字で、
さらはにリミッタと潜伏確変を搭載するというなんとも…な台だったんだパチ。

とはいえ、転落時の時短などから引き戻して、
「リミッタ回数を遥かに超える連チャンを記録した」なんて爽快な思い出もあるんだパチ。
どこか不思議な魅力がある機種だったんだパチね。

PF革命機ヴァルヴレイヴ

そんな本機は2018年に新規則機であるP機として再登場するんだけど…。
前述したリミッタと潜伏確変に加えて、
設定までを搭載した”革命機”として生まれ変わったんだパチ!


(属性過多。)

設定6の機械割は120%、勝率も90%を超えるなどと言われて話題になったけれど。
果たしてその恩恵に預かれたラッキーマンはどれだけいたのか気になるんだパチね。

”P機黎明期のやべーやつ”に数えられる事が多い機種だったけれど、
今もなおそれなりの台数がホールで稼働を続けているんだパチ!


(ライトミドルと甘デジを含めて計1600台ほど。)

供給台数が多かったのかもしれないけれど、
低貸しなどでおじいさん等が打っているのをよく見かけるんだパチね。

PF革命機ヴァルヴレイヴ2

「革命機(笑)」と言われて久しかったパチンコ『ヴヴヴ』シリーズだったけれど、
P機2シリーズ目にてまさかの方向転換

高速消化のわかりやすい王道ST機に進化を遂げたんだパチ!

そのうえ、『ヴヴヴ』らしい尖った要素として10000回時短を搭載。
Vを狙う時にアタッカーをひたすらに見つめていたユーザーも多いはずパチね。

SANKYOのフラグシップ…?

思うに『ヴヴヴ』っていうコンテンツは、
『SANKYO』における遊技機のフラッグシップモデルじゃないパチ

コンセプトモデルのような位置づけになっているのかなって思うんだパチね。

新台の『ヴヴヴ』も条件こそ若干厳しいけれど、
スマスロでしか実現できない唯一無二の出玉体験を味わえるものになっているはずなんだパチ!


(冷静に考えたら「キツくない…?」となるんだけど、
それを帳消しにする「設定6で万枚突破率25%」という恐ろしいスペックがあるんだパチ。)

兎にも角にも、今回の『ヴヴヴ』も人々の記憶に残る機種になるんだパチね。
それが良いか悪いかは別として