2月のスケジュールをチェック( ´∀`)

【タイバニ新台】サミー『P TIGER&BUNNY ~完全無欠WILDスペック~』簡易資料公開! 【初当たり4500発!?】

公開日:2022年10月15日

TIGER&BUNNYについて

先日、Youtubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で公開され、
既に100万再生以上を突破した楽曲『オリオンをなぞる』

同グループの代表曲として名高いを誇る楽曲だけど、
もともとはとあるアニメのために書き下ろされた1曲なんだパチね。

そのアニメこそ、本日紹介する遊技機の元版権『TIGER&BUNNY』なんだパチ!

特殊な能力を持ったヒーローたちの活躍を描く人気アニメパチね。

主役は既婚者のイケオジと頭の冴えるイケメンという異色のバディコンビ
某アカデミアな作品とはまた違った、幅広い年齢層から支持されていた記憶があるんだパチ。

そんな本作だけど、遊技機では既に山佐NEXTからスロットが2機種登場済みなんだパチ

しかし今回はスロットの話ではないんだパチ! パチンコなんだパチ!

というわけで、今回はパチンコで登場する『タイバニ』について
皆さんと一緒にお勉強していく回となっているんだパチ。

サミー『Pタイガー&バニー ~完全無欠WILDスペック~』簡易資料公開!

というわけで、資料の方を見ていくんだパチね。

今回のものは資料というより、
リーフレットに近いようなものなので情報量は少なめなんだパチ
だけど、なるべく拾えるところは拾っていくんだパチよ!

RUSH中ALL1500×81%は親の顔より見た文言だけど、
初当たりの55%が約4500発とはすごいパチね

実質ALL1500発(以上)じゃないか。
なんだこれは、たまげたパチねぇ。

公式曰く「完全無欠WILDスペック」とのことだけど。

聡明な読者の皆さんであれば、
遊技機に”完全無欠”なんてものは無いのは重々承知のことであると思うんだパチ。
(あったとしても剥がれ落ちるのが常パチ。リゼロとかそうだったパチね。)

あるのは安定か波乱。限りある出玉パワーをどこにどう割り振ったかってことパチ
それが問題になるわけなんだパチね。

一癖あるスペック

主人公2人の能力が、強力でありながらもたった5分しか使えないのと同じように。
本機にも驚きのスペックを実現するための”ハンデ”のようなものが設けられているんだパチ。

この画像に載っていない数字もあるから、とりあえず表にまとめてみるんだパチね

特に大事な部分には色をつけてみたんだパチ。
これで、この機種の大まかな正体が見えてきたパチね!

遠すぎたRUSH

お察しの通り、この機種は所謂『2段階突破型』の機種であることがわかるパチ。

『シンフォギア』や『ジャギの逆襲』といった”当たればチャンスがもらえる”わけではなくて
初当たりの時点で脚切りがあるんだパチ

1500発×81%への道のりが遠いという意味だと、
『からくりサーカス』や『うしおととら』に近いスペックにも見えるパチね。

ただし。
初当たり時は75%、下位RUSHの継続率が概ね60%以上あったそれらに比べると。
本機におけるRUSHへの間口は比較的狭いと言わざるを得ないんだパチ。
55%の後に43%ですパチね。

上記の機種における間口の広さを
初当たりの55%の4500発+挑戦権の部分に集約させたんだと思うんだパチ。

ゲームフローについて

では、以上の知識を頭に入れたうえで改めてゲームフロー等を見ていくんだパチ!

初当たりで55%の『WILD BONUS』を獲得することで、
約4500発とラッシュ突入への挑戦権を獲得出来るんだパチ。

この突入チャレンジは、残保留の2回転で1/4.13を刺すゲーム性パチ。
前述したように突破率は約43%だけど実質的なRUSH突入率は約23.4%とからしいパチね

https://pachinko-curation.com/34273/

『TIGER&BUNNYRUSH』残保留含めて6回転となる短期決戦型STパチ
動画等を見ないとなんとも言えないけれど、
現行機最強と言われた『うしおととら』を超える性能になるかもしれないパチ。


(『タイバニ』の確率分母は『うしとら』の半分以下。
3000発とかポンポン出そうだけど…。)

もっとも、後半はバトル演出になるとのことだから。
そこで消化時間を調整している感もあるんだパチ。

一つわかるのは、他に匹敵するほどの爆発力を秘めているということなんだパチね。

間口の狭い機種はウケるか

比較的安定した稼働を見せるものの、
大ヒットにはイマイチ届かない『2段階突破型』ミドルタイプくん

はしりとなった『バカボン』は間口の広さから一定の人気を博した一方で、
同タイプの『からくりサーカス』は「思ったほどでもない」という感想も見かけるんだパチ。


(ユーザー業界人双方の期待度の高さも一因では?と思ったりもするパチね。
まとめてる側が何言ってるんだって話だけど。)

『ジャギ』などの例外もありはするけれど…。
RUSHまでの道のりが遠い、俗に言う”成功体験の積みにくい”機種の評価は難しいパチね。

また、昨今は2段階型に限らず、『鉄骨渡り』や『シンブレ』。
そして今後登場する『アズレン』
など、実質確率の重い機種も多々あるパチ。

確率分母の上がったスマパチが出てきたらどうなるんだパチねほんと…。

何はともあれ、挑戦的な一台に変わりはないんだパチ。
気持ちよく右打ちしながら『オリオンをなぞる』を聞ける日が楽しみパチね。

最後までお読みいただきありがとうございました!