サイトがプチリニューアルしたよん( ´∀`)

【7500発も!?】アムテックス『Pターミネーター2 TYPE7500』スペック&資料公開! 今回も6000発ループ!?

  • タグ:

『Pターミネーター2 TYPE7500』スペック%資料公開!

すでに各種スペックや試打動画が公開されている『Pターミネーター2』

とはいえ、私自身はCR機終盤時代に登場したこの機種に”かなり”思い入れがあるから
今回は自己満足1000%で、記事に認めてみようというわけなんだパチ。

過去作を打ったことがない人も、勝った人もそうでない人も。
進化したこの機種について、一緒に学んでいくんだパチね

革新的スペックが進化を遂げて帰ってきた!

まず大前提として、前作『CRターミネーター2』のスペックについてお話しておくんだパチね。
このスペックこそ、前作を名機(迷機)たらしめた部分であるためだからなんだパチ。

前作『CRターミネータ-2』は初当たり確率が1/319のミドルスペックでの導入だったんだパチ。
(実はP機で甘デジ版も出ているんだけど、そちらは今回スルー。)

初当たり後は90%で100回+残保留4回の時短に突入するんだけど、
出玉の振り分けは以下のようになっているんだパチ。

https://pachiseven.jp/machines/5686

この100回+残保留4回の時短が肝で、ここで1/319を引れば約6000発の出玉が確定するんだパチ。
6000発獲得後は再び100回+残保留4回の時短に移行して、再び6000発のチャンスが訪れる…。

初当たりだけでも2000発ほどが出るから、なにはともあれ荒い機種だったんだパチ。
初当たりから右打ち1回通しただけで8000発出るわけなんだパチね。

そんな機種が、P機でどう蘇ったかというと…?

なんと今回も6000発ループは続投するんだパチ!

しかも7500発という表記も見えるんだパチ。なんで増えてるんだパチ…?

ゲームフローについて

さて、次はゲームフローを見ていくんだパチね。
ついでに、前作との大きな違いについても説明するんだパチ。

全体的な流れは前作と変わらないんだパチ
基本的には初当たりを経て時短に突入して、そこで1/319を刺すわけなんだパチね。
とはいえ、前述したように細々とした変更点はあるんだパチ。

主な変更点について

出玉の個数

まず一つ目は、直撃当たりの振り分けと出玉の個数が変更されたことパチ。

前作では初当たり時の10%で6000発の直撃があったんだけど、
今作では初当たり時の20%で7500発の直撃ルートになったんだパチ。

(初当たり1500発+6000発のボーナスが確定する仕組みパチ。)

そして2つ目の変更点は、
それ以外の初当たり(振り分けの80%)の出玉が450個となったことなんだパチ。

こちらは前作の2000発から比較すると大きくナーフされた点なんだパチね。
もちろん、ただ単に時短がナーフされただけではないんだけど。

各種時短回数の変更

前作の時短回数は100回+残保留4回で固定されていたんだパチね。
初当たり後も、6000発後もいつでも100回+残保留4回パチ。

しかし今回は、状況によって回数が変化するみたいで…?

直撃でない初当たり後の時短は150回に増え
6000発後の時短は87回にと大きく減ったんだパチ!

今回は初当たり後が大きなチャンスということで、6000発へのハードルが多少は低くなったパチね

結果6000発後の引き戻し率もそれにともなって3%ほど減少したんだけれど
これを多いと見るか少ないと見るかはあなた次第パチ。

ボーナスの消化時間を短縮?

また、大きく変更されたポイントとして『ボーナスの消化時間』があるんだパチ。

前作の6000発中は次回確定の時短中に1/96を刺すシステムだったけれど。
確率分母が大きいから消化にそれなりの時間がかかることもあったんだパチね。

https://pachiseven.jp/machines/5686

(自己最多ハメ記録は200回転とかだったような気がするんだパチ。
『ビッグドリーム2』などでも同様の問題が指摘されていましたパチね。)

当たりが濃厚であるため安心感こそあるけれど、
上皿がじわじわ減っていくのは地味にストレスだったんだパチ。

そんなシステムが、今回は大変貌を遂げたみたいで…?

右打ち時は普通図柄抽選になって、
それを経て1/1当たりのチャッカーに玉を4発ねじ込むんだパチ

つまりは、『Pミリマス』の亜種みたいなもんなんだパチね。

これによりちまちまと次の当たりを待つシステムから、
ハイスピードにボーナスを消化できるシステムへと変化したんだパチ!・

スペックと比較表

最後に、スペックと前作との比較表を見て締めにするんだパチ。

概ね話したので、詳細については割愛するパチ。

あ、ひとつ忘れていたんだパチ
初当たり時の20%で突入する『超TERMINATOR MODE』次回当たりが濃厚になるわけなんだけど、
この時の普図抽選確率は約1/18となっているんだパチ。

つまりはよりシームレスに、
よりハイスピードに6000発ボーナスへと移行出来るようになってるんだパチね。

こういう細かな気遣い、ありがたいんだパチ!

でもって、前作との比較表がこちらですパチ

前述したように6000発消化後の引き戻し率は減少しているけれど、
そこは初回時短突破率とトレードオフといった感じパチね。

それ以外は、概ね順当なスペックアップが図られていると思うんだパチ。

個人的にとても思い入れのある一台だから。
ホールであの感動をまた味わえるのかと思うと、ワクワクが止まらないパチね!

最後までお読みいただきありがとうございました!