サイトがプチリニューアルしたよん( ´∀`)

【生存確認】清流ゲームジャパン『トリプルクラウンVK-30』が検定を通過した模様!【30φ】

  • タグ:

清流ゲームジャパン『トリプルクラウンVK-30』が検定を通過へ!

私が毎度のこと謎の思い入れを見せてい『トリプルクラウン』

シリーズ最新作は昨年11月に登場した『トリプルクラウンV-30』
6号機以降は、上記を含めた2機種が市場に導入されているんだパチ。

実質”沖縄専用機”と化した本シリーズだけど、
最新作が検定を通過した様子なんだパチ!

基本的に大きな動きのないメーカーだから、
こうした検定情報が実質的な生存確認になっているんだパチね。

ハナにも負けない?沖縄の有力選手

本シリーズを度々取り上げる理由の一つは、この機種の持つ独自性にあるんだパチ。

関東や北海道などではジャグラーが
東海・近畿地方ではハナハナが主力というのはよく聞く話だけど。

https://www.p-world.co.jp/hokkaido/himawari-ekimaetower.htm

では、30Φが根強い沖縄地域ではハナハナが圧倒的優勢なのか?と言われると、
そうとも言い切れないんだパチね。

先日、『情報島』さんで高稼働と紹介されていた『ピータイムおもろ』


その機種構成を見てみると…?

https://www.p-world.co.jp/okinawa/p-time-omoro.htm

『トリプルクラウンV-30』が『チバリヨ』や『沖ドキ!DUO』と同じ台数も導入されているんだパチ。
30Φの市場が大きいとはいえ、この台数は驚愕なんだパチね。

沖縄のデカコイン文化を支える柱でもあるからこそ、
なんとかしてネタに…盛り上げたいという気持ちがあるんだパチ。

今度はどれくらいの台数が導入されるんだパチね?
何にせよ、
清流ゲームジャパンが生き続ける限りは沖縄の30Φ文化が死ぬことはないはずパチ!

最後までお読みいただきありがとうございました!