サイトがプチリニューアルしたよん( ´∀`)

【まほいく】カルミナ『パチスロ 魔法少女育成計画』簡易スペック&資料公開! 設定1の機械割は…?【技術介入】

  • タグ:

カルミナ『パチスロ 魔法少女育成計画』簡易スペック&資料公開!

先日、ティザーPV第1弾が公開された『パチスロ 魔法少女育成計画』

NETの『スナイパイ71』で搭載された奇遇設定で異なる難易度の技術介入が話題になったけれど。
私の手元にも営業資料が周ってきたんだパチね。

というわけで今回はこちらの資料をもとに、
カルミナの6.5号機第1弾が一体どのような機種なのか

そちらを皆さんとお勉強していく回になるんだパチ。

にしてもカルミナさん
本当にこの版権が6.5号機第1弾でいいんだパチ…?

魔法少女育成計画について

まずは、軽く版権についてお話しておくんだパチ。

本機の版権元は遠藤浅蜊先生によるライトノベル
『魔法少女育成計画』シリーズアニメ化作品なんだパチ。

アニメが放映されたのは2016年今からもう6年も前のことなんだけど。
なんと原作小説は2022年8月現在も続いているんだパチね。

小説、漫画、アニメ、ドラマCDにウェブラジオなどなど。
幅広いメディア展開を行った作品でもあるパチ。
個人的には”コアなファンが多い”印象もあるパチね。


17巻出して70万部の本作なんだけど、
ラノベ界には18巻で1000万部を売り上げるような化け物もいるから…。)

作品の内容については、散々語っておりますので割愛するパチ。
色々と端折ってまとめるなら
『バトル・ロワイアル』要素を濃いめにマシた『まどマギ』という感じなんだパチね?

そんな本作が『魔法少女系の新規コンテンツ』を名乗って、
パチスロ界に乗り込んできたわけなんだパチ。

随分と大仰な肩書きを背負っている気がしないでもないけれど、
仮にも刊行から10年を迎えるシリーズ。張る胸は充分にあるんだパチ。

さて本機。”魔法少女系”と銘打たれているだけあって、
いろいろな場面でその面影を感じることが出来るんだパチ。

ゲームフローについて

続いては気になるゲームフローについて見ていくんだパチね。

ボナ引いてCZ通してARTにブチ込む、以上パチ

難しいところは一つも無いんだパチ、技術介入以外は
オーソドックスな5号機時代のA+ART機という感じですパチね。

なので。
基本的にはボーナスがスタートラインだと思って良い
かもしれないパチ

通常時はレア役でボーナスを狙いつつ、
それと同時にゲーム数とキャンディーを稼くことになるんだパチ。
「なんでキャンディーなの?」と疑問に思った方は、ぜひ本編を見てほしいんだパチね。

規定ゲーム数到達時はCZへ、規定キャンディー到達時はART高確へと突入
つまり無駄引きはないけれど、噛み合わないと間違いなく死ぬってことなんだパチね
魔法少女もスロッカスも同じパチ。○るか○られるかなんだパチ。

にしてもキャンディーを集めた先の高確ステージで、
『森の音楽家クラムベリー』が待ち構えてるのめちゃくちゃ嫌パチね…

ボーナスとCZについて

次はボーナスとCZの話を続けて行っていくんだパチ。
実質2つで1セットみたいなものなんだパチね

本機のボーナスは3種類搭載されていて、

・ARTが濃厚になる『Master Cramberry Bonus』(同色BIG)
恐らくは一番地味な『BIG BONUS』(異色BIG)
・少ない枚数ながらARTのチャンスが高まる『REGULAR BONUS』(RB)

3つパチね。

本機の肝となる技術介入だけど、まずこのボーナス中に発生するんだパチ。

赤枠ならビタ押し青枠であれば2コマの目押しを成功させることで
CZで活躍する『マジカルアイコン』を獲得
することが出来るんだパチ。
形と役割は若干違うけれど、勝舞魂みたいなものだと思っていいんだパチ。

ちなみに、RB時は技術介入成功でアイコンを3個獲得出来るんだとか。
なので、異色BBが一番地味だって書いたんだパチね。

CZ『まほいくとらいある』

さて、ボーナス後はCZである『まほいくとらいある』に突入するんだパチ。

これは、理解る方向けに言えば『運命分岐ゾーン』なんだパチ。
転落リプレイを成立させる前に、『7を狙え(※1)』を発生させればOKパチ!
失敗しても、最低20Gは保証があるのは、『祭2』等と同じパチね。

(※1
ツイッターで考察されている方がいたけれど、スナイパイと仕組みは同じみたいパチね。
7揃いフラグ、実際には目押し用の小役を成立させれば勝ちということになるパチ。)

では獲得した『マジカルアイコン』の仕事は何かといえば、
転落リプレイ成立時の回避ナビを発生させる事なんだパチ。

『祭2』における『最悪回避ナビ』を、1個に付き1度発生させるわけですパチ!


(『祭2』では確率を上げていましたが、こちらは勝舞魂システムに。)

なお、『マジカルアイコン』の数がゼロになっても、
択当てで回避することも可能パチ。
魔法少女はどこまで行ってもストイックなんだパチ。

次は、ARTや各種数値についてご紹介パチ!

ARTについて

長くなってきたけれど、後半戦行くパチよ。
まずはARTからですパチ。

ARTは基本的に20Gを基準にして、
前半のアニメパートと後半のエピソードパートで展開されます。
この辺も『祭2』と同じパチね。

「エピソードは全12話で選べる」とのことだけど、一体何を見せられるんだパチ?
私の想像通りだったら
おすすめは『トップスピード』と『ラ・ピュセル』、『シスターナナ』辺りになるんだけれど…。

さて、話を戻すパチ。

このARTだけど、5連ごとに特殊モードへの突入チャンスがあるんだパチ。
その特殊モードが『戦闘狂 BATTLE』なんだパチね


(リップルって戦闘狂に絡まれる側だったと思うんだパチね…。)

このモードでバトル勝利…もといボーナスを獲得できれば。
大連チャンへの架け橋『SURVIVAL RACE』に突入と相成るわけなんだパチ。

SURVIVAL RACE

この『SURVIVAL RACE』は、
前述した『マジカルアイコン』とART自体のストック特化ゾーンパチ!

リップル図柄が止まるごとにアイコンを図柄が揃うとARTを1つストックするんだパチ。

このモードが面白いのは、
ART数の残りゲーム数が特化ゾーンのそれにまるまる変化するところなんだパチね。

つまり、『戦闘狂 BATTLE』で初期ゲーム数が100Gだった場合
ボーナスを40Gで引いたとして、残りの60Gは『SURVIVAL RACE』になるんだパチ

100Gの時点でなかなか無いとは思うけれど…。
ART5セットごとにチャンスが訪れるとなれば、ワンチャンありそうに見えるパチよね

スペックについて

さて、記事も終盤に近づいて参りました。
続いてはスペック紹介のお時間ですパチ。

ボーナス確率が、設定1~6で1/189~1/252
ART確率が、設定1~6で1/243~1/212

ボナとARTの確率が逆比例してるパチ…

設定看破が難しい…RB中などの示唆要素が豊富にあるのが救いだけど、
グラフだけで推測しようとすれば痛い目を見そうなんだパチ

機械割については、技術介入があるので例によって変動するんだパチね
設定1で最大102%というのは、『スナイパイ71』と同じなんだパチ。

もっとも、こちらはA+ART機。
純AT機のあちらよりはブレ幅は少なくなるんだパチ?
ちなみに、似た機種である『ディスクアップ2』の設定1のグラフはこちらですパチ!

https://nana-press.com/post/1551933

甘いと言えば甘いとは思うんだけれど…。
5号機の『ディスクアップ』のような夢は見れなさそうパチね

リール配列について

リール配列等については以下のようになっているんだパチ。

基本は左リール黒バー狙いからのハサミ打ち。
スイカテンパイ時は中リールにバスバを狙うのが一番楽な打ち方パチね。

そういえば、中リールにリップル図柄を狙う打ち方もおすすめされていたんだパチ。
枠上、上段に狙わないとスイカをこぼしそうだけど…
レア役以上の一確目が出るから、メリハリを付けたい時にやるのが良さそうパチ。

とっつきやすい技術介入機になるか?

さて本機。
技術介入で機械割が大きく変わる『ディスク』や『祭2』のようなスペックでだけど、
それら2機種にはない歩み寄りの姿勢を見せているんだパチ。

『技術介入育成計画』というのは、ただ作品名とかけただけではなくて。
実際に打ち手のレベルを底上げしようという思惑があるみたいなんだパチね?

それは他の面でも現れているんだパチ! 『WUG』で好評だったゲーム性の説明に加えて


(作品的にも合ってはいるんだけど、ファヴがコンシェルジュって嫌パチねぇ?)

ボーナス中には目押しの練習も可能と、至れり尽くせりなんだパチ。
『ピンクパンサー』にもあったパチね、こういうシステム。

そして、技術介入の精度による設定示唆もあるみたいなんだパチ。
この辺は『獣王』で見たんだパチ。

上手くなるためのステップは丁寧に舗装されていて、
更にはそのご褒美もある。よく考えたと思うんだパチ!

気になるのは甘さと販売台数だけど…。
まぁカルミナさんはレンタルプランもあると思うから。
導入から1度も打てない、なんてことは無いはずなんだパチ。

版権こそ地味だけど、シンプルなゲーム性と丁寧な作り込みが光る今作
私もホールで技術介入力を育成されたいパチね…。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おまけ ネガポジフリーズ

話すのをすっかり忘れていましたんだけど、
本機には『ネガポジフリーズ』なる強力な出玉トリガーが搭載されているんだパチ。

随分とおどろおどろしい演出なんだけど、
『魔法少女育成計画』はこういう作品なんだパチ()。

体力獲得のチャンスとなっている『SURVIVAL RACE』が確定する強力な恩恵だけれど、
一体どれほどの確率になっているんだパチね?