サイトがプチリニューアルしたよん( ´∀`)

【黒字】藤商事さん、パチンコが好調で2022年は見事なスタートダッシュを見せた模様【小ネタ】

  • タグ:

藤商事さん、2022年は見事なスタートダッシュを見せた模様

2022年8月現在、
各地で『Pサラリーマン金太郎』が凄まじい盛り上がりを見せている『藤商事』

そんな藤商事の2023年第1四半期の決算短所が発表されていたんだパチ。
2023年第1四半期というのは、言い換えると2022年4~6月までのことパチね。

藤商事は7月29日、2023年3月期の第1四半期の決算を発表。

販売台数の増加による増収に加えて、研究材料費の減少等により黒字転換となった。

https://johojima.com/pachinko_news/post-204912/

2021年4~6月度と比較して、黒字転換したんだそうです。やったパチね!

 

 

 

と素直に終わるわけにはいかないんだパチ。

『情報島』さんでは上のように書いているけれど。これ、結構濁してるんだパチね。
というわけで、
元記事や手元にある資料をもとになぜ黒字転換したのか少し深掘りしていく回なんだパチ!

ヤバすぎた2022年第1四半期

上では結果して黒字になったという部分だけを抜き出したけれど。
仕事が丁寧な事に定評のある『情報島』さんの元記事では、
それぞれの項目での前年比を書いてくださってるんだパチね。

が、せっかく手元に決算短所があるので、そちらをまず見てみるんだパチ!

売上高が前年比から58%増、
営業・経常利益に至っては黒字転換するほどの差があるんだパチ。

「では純粋に今年が強かったのか?」かと言われると疑問符が付くんだパチね

というのも、『情報島』さんのまとめを見てみると…

売上高は55億400万円(前年同期比プラス58.5%増)
営業利益5600万円(前年同期は17億7600万円の営業損失)
経常利益1億7100万円(前年同期は17億3400万円の経常損失)
純利益2億8700万円(前年同期は21億7600万円の純損失

今年度の数字を基準に考えると、
前年度のやらかしがすごいことになっているんだパチ!

この時点で、
「前年がヤバすぎたから今年は黒字転換できた」という線が上がってきたんだパチ。

何がいけなかったのか

ここで、営業利益に関する細かい数値について見てみるパチ。

特に注目して欲しいのは下から2行目の『販売費および一般管理費』の部分パチ。

これが元記事で言う『研究材料費等』にあたるんだパチ?
前年度はこの金額が売上総利益を上回ってしまったんだパチね…。

事実前年度の売上高が低いのもあるんだけえど、
この数字が前年度のままであったならば今期も赤字だった可能性があるんだパチ。

2023年第1四半期で登場した機種は以下の3機種なんだパチ!

『アレジン』はともかく、後発の2機種は過去機種の応用ないしは別スペックだパチ

「研究材料費が減少した」と言われれば納得はするけれど
「いつどの機種にどれくらいの投資をしたか」を資料から読み取るのは不可能なんだパチ

もしかしたら、今後登場するビックタイトルのための投資だったのかもしれないんだパチね
ボツになった可能性もありそうなのは黙っておくパチ。

第2四半期はこれ以上の数字になる?

続く第2四半期は2022年7~9月までが対象となるんだパチ。
現状で導入、ないしは登場が予告されているのは以下の3機種パチ

やったパチ?

ここ最近はスロットの動きがなかったんだけれど
ついに『FAIRY TAIL2』で復活を果たした同社。

次の決算短所を見るのが今から楽しみパチ。
別に株買ってるわけでもないからそこまで気にはしてないんだパチけどね。

最後までお読みいただきありがとうございました!