土日は連戦‼︎応援よろしくね😚

【平均2400発!?】SANYO『PA元祖大工の源さん2』営業資料&スペック公開! 【甘デジ】

SANYO『PA元祖大工の源さん2』営業資料公開!

ここ数年の源さんといえば。
クソでかいハンマーを振り回し、土壇場でステゴロになり、
挙げ句の果てには「大工しろよクソ大工」と呼ばれるあの源さん…。
もとい『超韋駄天』のイメージが強いパチよね。


(近年ではシンフォギアに並ぶ『○○タイプ』の始祖の一つ。
もともとアクションゲームだったので、これはこれで正しい姿なのかもしれないパチ。)

そんなパチンコ源さんだけど、同シリーズの初代作品はなんと確変ループ機
1996年に登場した『CR大工の源さん』は、
2300発の当たりを積み上げていくゲーム性だったんだパチね。

そして初代のゲーム性を継承したのが、『PA元祖大工の源さん』だったんだパチ

今回は、その『PA元祖大工の源さん』をよりブラッシュアップした続編
『PA元祖大工の源さん2』のご紹介ですなんだパチ!

ゲーム性を継承しつつ出玉力はアップ!

まずは今作の押しポイントから見ていくパチね

初代で愛されたV×2ループは変わらずにいる他、
新モードやカスタム機能も搭載されているんだパチ。

ただし、V×2ループや出玉周りにはちょっとした改良が加えられているんだパチ。

基本となる4R当たりも440個に増えたほか、
”寿大当たり”を取れれば平均で4600発も獲得できるらしいんだパチ。

出玉に関する詳しいお話はスペックの項で話しパチ。

新モードやカスタマイズ

特定のコンセプトがある機種に、革新的技術は不要なんだパチね。
となると、必要になるのは熟成という名のマイナーチェンジパチ。

というわけで、まずは新モードから見ていくんだパチ。

『3・源・源』でおなじみの初代モードや、
冒頭でもチラッと触れた寿司屋モードなどがあるパチね。

そして今回、そこに『漁師モード』が仲間入りを果たしたんだパチ!
色々と演出はあるみたいだけど、基本的には”源パト”が光れば当たりらしいパチ
わかりやすくていいパチね

そんな新モードに続いて熟成を行ったのが、
海では定番になりつつあるカスタマイズモードなんだパチ

いろいろなあわせ技で、自分好みの楽しみ方ができるみたいなんだパチ。
個人的にはおすすめカスタムの5番に草生えたパチね
庭師の数が足りないんだパチ。

痒いところに手が届く配慮は、老舗の特権パチね。

ゲームフローについて

さて、次はスペックやゲームフローの紹介についてなんだけど。
私自身、『元祖源』シリーズを打ったことが無いんだパチ

なので、色々と間違っている部分もあるかもしれないパチ。
その際は、先輩諸氏の皆様。コメントでご指摘をお願いするんだパチね。

さて。

初当たりで振り分けの約1/3を占める確変を引ければ
晴れて大当たりが2回確定するんだパチ!

本機はオーソドックスなループタイプだから、
確変は次回大当たりまで継続するという方になるわけなんだパチ。

そして、
確変中は通常大当たりを2回連続で引かなければ確変が続くパチ
逆に言えば、1/3を引き続ければいいだけパチ。

考え方的には『ゆゆゆ』が近いパチね。西陣の2winループシステムを思い出したパチ

スペックについて

スペックについては以下のようになっているパチ。いつものように画像をどうぞなんだパチ

前作との大きな違いは、
1%のみ振り分けられている『10R確変図柄大当たり』なんだパチ
先述した『寿大当たり』がこれに該当するんだパチね。

V×2ループが確約されるほかにも、
10R1100発に加えて小当りRUSHまで付いてくるんだパチ。

「1%なんて引けるかよ…」と思うかもしれないけれど、
本機は甘デジ。初当たり確率はたったの1/89なんだパチ。

極端な話だけど、
シンフォギアで同じ1%の全回転を拝むよりはまだ現実的パチよね。

熟成を重ね、ちょっぴり刺激的に

愛され続けたポイントはそのままに。
1%だけとはいえ大量獲得トリガーを設けた本機

SANYO的にも思い入れのある機種だろうし
その辺りのバランス調整はしっかりと行っているんだと思うんだパチ。

前作も少なくない稼働貢献を行い、
今なお遊んでいるユーザーを見かけるこのシリーズ。

新作もまた、細く長く愛される機種になるといいパチね。

※追記 ティザーPVが公開!

記事執筆後になってティザーPVが公開されていることに気が付いたパチ。
あわせてお楽しみくださいなんだパチ!

最後までお読みいただきありがとうございました!