まりも大にいにい優しかった🥰

【コラボ第3弾】ユニバ『パチスロ 新鬼武者2』製品PV&スペック公開!【資料もあるよ!】

エンターライズと鬼武者と時々ユニバーサル

2020年に『エンターライズ』から導入された新鬼武者~DAWN OF DREAMS~
同社の6号機第1弾として導入された同機だけど、その評価ははっきり言って…空気?

私自身が面白い部分を味わえていないという理由もあるけれど、
良くも悪くも印象が残っていない…。そんな一台だったパチね


(後述するコラボ機を除けば、私の記憶に残っているのはこの機種パチかね?
もともと『新鬼武者』というコンテンツに興味がないのもあるパチね。)

そんな『エンターライズ』が業界に爪痕を残したのは、2021年2月のことパチ。
『ユニバーサルエンターテインメント(以下:ユニバ)』と手を組み、
『パチスロ BIOHAZARD7 -resident evil-』を生み出したんだパチ!

同時期に導入された人気シリーズの新作を、同作の自爆という追い風も相まっておしのけ
一気にメイン機種の仲間入りを果たしたんだパチ!

続いて『エンターライズ』は2022年3月にまたしても、
『ユニバ』と手を組み遊技機を世に送り出したパチ
そう、『パチスロ DEVIL MAY CRY5』パチね

同機の市場評価は…ぼちぼちといったところだったパチ?
私は勝てた試しがないけれど
勝ち方はわかりやすい辺りユニバのテコ入れが伺えるパチね

そして今回は『カプコン(エンタ)』×『ユニバ』のコラボ機種第3弾だパチ!

今回の題材は、『新鬼武者』なんだパチね。

ユニバ『パチスロ 新鬼武者2』製品PV公開!

というわけで本題だパチ。

『パチスロ 新鬼武者2』の製品PVが公開されたんだパチ!

人気機種の演出をしれっとパクるパチンコ文化、
きらいじゃないけどすきでもないパチよ。

でも「ズバッ!」って演出気持ちいいから、まぁ多少はね?


(例によって私は見たことないパチ。ユニコーンは応えてくれないんだパチ。)

前作は『リゼロ』のような3戦突破とセット管理式を併せたようなシステムだったけれど
今回はG数管理のATと疑似ボをループさせていくものみたいだパチね。

その辺りは営業資料で補完していくんだパチ。

ゲームフロー等について

全体のゲームフローは以下のようになっているパチ。いつものように画像をどうぞなんだパチ!

パッと見の感想としては、よくあるA+AT機のような感じパチね

通常時はCZである『バッサリゾーン』を狙って
その間にヒキで期待度を上げて、前兆で答え合わせするんだパチね

わかりやすいCZ、私の好きな言葉ですパチ。

バッサリゾーンの突入率は割りと軽めだから、
『ルパン』同様通常時のレア役からの当選に設定差とかあるんだパチ?

前作でも継承されていた前兆もしっかりと搭載しているパチ

どこぞの『Redo』ではないけれど、AT確定のモードもあるらしいんだパチ。

ATについて

ATのゲームフローは以下のようになっているパチ。

基本的にはG数管理で純増2.0枚の『蒼剣RUSH』で延命して、
ボーナスでガッツリと出玉を増やしていく感じだパチね。

ATは最大で89%、ボーナスは最高80%とそれぞれで継続率を持っているんだパチ
「ボーナス終わった?即AT戻ってどうぞ。」じゃないのは旨味だけど
ここが減算モードになるんだパチ?

次は上乗せについてだパチね。

AT中は直乗せと玉乗せなるものがあって、
後者はG数を消化しきった際の抽選に用いられるらしいんだパチね

どうなるかわからない裏乗せも楽しいけれど、
可視化してくるのもまた一興だパチね。

そういえば、最強特化ゾーンみたいなものもあったパチね。
金色フリーズ…一体どのくらいの確率なんだパチね?

スペックとリール情報等

営業資料の方には数字が載っていなかったから
すでに情報をリークしているサイトさんからお借りすることにするパチ。

https://ameblo.jp/modeone/entry-12746848471.html

設定2で99.5%ってマジパチ…?

って思ったんだけど、ヒットした『バイオ7』も似たような数字なんだパチね。

本ATである『蒼剣RUSH』の確率差もそこまではないあたり、
6号機初期と比べて色々と変わったのがよくわかるパチ。
(気になる人は、「リゼロ AT 確率」等で調べてみるといいんだパチ。
実践値が面白いことになっているから笑えるパチ。)

リール等の情報は以下のようになっているパチ

コラボを信じろ

買った負けたはともかく。
今までの『カプコン』×『ユニバ』のコラボ2機種は、
ゲーム性や演出などに光るものを持っていたんだパチ!

『バイオ7』のCZ突破演出なんかは、好きな人も多いんじゃないパチ?

私はともかく、思い入れのあるユーザーも多い『鬼武者』シリーズ。
今度こそは…と少しくらいは期待してもいいんだパチ?

最後までお読みいただきありがとうございました!