まりも大にいにい優しかった🥰

【良スペ?】ニューギン『PAビビッドレッド・オペレーション sweetもも99ver』スペック公開! 【甘デジ】

『PAビビッドレッド・オペレーション sweetもも99ver』スペック公開!

「遊びやすい機種をほどほどの価格で安定供給する」というニューギンの使命のもと、
市場に導入された『Pビビッドレッド・オペレーション』

初当たりは1/219で、確変突入率は50%
右打ちの振り分けも4Rと10Rが1:1というわかりやすさも良かったパチよね。

右打ち中確率は1/99と重めだけど
その分初当たりは1000発確定という部分もお気に入りだったんだパチ。

そんな『Pビビオペ』の甘デジスペックがついに導入されるとのことで、
いつものように情報を頂いたパチ!

というわけで、いつものように資料を見ていくパチね!

通常時やゲームフローについて

まずはゲームフローから見ていくパチね。はいドーンパチ!

実は、前作とちょっとだけ確変STまでの道のりが違うんだパチ。
お気づきいただけましたパチ?

前作は先述したように初当たりは通常と確変が1:1で振り分けられていて。
確変ならST130回、通常であれば時短100回という形になっていたんだパチ。

が、今作は1:1という振り分けはそのままで
中身が時短70回or時短30回という形になっているんだパチ!
所謂、突破型へと姿を変えたわけなんだパチね。

 

通常時は前作の4大演出などはそのままに、
そのバランスを一新したらしいんだパチ!

似たようなニューギン機で95%を外した苦い思い出が蘇るから
演出バランスについてはしっかりと調整しておいてほしいパチね…。

スペックについて

次はスペックについてパチ

まず、前作で好評だった初当たり時の獲得出玉の量も継承されているんだパチ。

甘デジで初当たり700発はアドパチね。

各種数字は以下のようになっているんだパチ。
とりあえず見てもらったほうが早いパチね。

言い忘れていたけれど、STのゲーム数は100回転パチ
この100回転で約1/93を刺すゲーム性パチね。

『デジハネ物語SS』がこんな感じでしたパチね。
もっとも、前作のSTとほとんど数字は変わらないから、
打感も大きくは変わらないと思うんだパチ。

尖ってはいない。だが、それがいい。

ぶっちゃけた話、この機種には大きなアピールポイントはないんだパチ
1500発出る~とか2400発ある~とかそんなのないんだパチ。

ただし、突破型ではあるけれどそれ以外に奇をてらったポイントはなくて。
良くも悪くも安牌な一台パチ

ライトミドル帯の前作もそんな感じだったから、
そこを置きにきたというのは大きな評価点かもしれないパチね。

遊タイムもなさそうだから、打ち初めも辞め時も明確パチ。
バラコーナーに一台あれば安心。そんな機種パチね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!