まりも大にいにい優しかった🥰

【6.5号機】フィールズ『パチスロ 犬夜叉』PV&営業資料が公開! 続くほどひりつく新システム!?

フィールズ『パチスロ 犬夜叉』PV公開!

『フィールズ初の6.5号機』『一撃6000枚が可能』
と業界内で噂になっていた『パチスロ 犬夜叉』

スロット氷河期時代における期待の1台だけれど、
そのPVがついに公開されたんだパチ!

なんかシステム分かりづらい…。わかりづらくないパチ?

実際に打ってATに入れられれば理解できるタイプの機種だとは思うんだけれど、
イマイチ映像だと伝わって来ないパチね…。

というわけで。
手元にある営業資料をもとに、もう少し掘り下げた解説をしていければなと思うパチ。

ブッた斬りがチャンスの鍵

PVでも映っていた中リール3連ぶち抜き犬夜叉図柄
長いので公式に則って『ブッた斬り目』と呼ぶパチね

このブッた斬り目、
通常時だけでなくAT時もボーナスの大チャンスとなるらしいんだパチ。
前者であれば前兆への契機となり、後者ではボーナス放出のトリガーとなるらしいんだパチ。

次回ボーナス+1って何?

PVでも言及のある「次回ボーナスが+1」という文言。
PVを見ただけでは分かりづらいと思ったから、少し丁寧に説明していくパチ。

本機のATシステムをざっくりいえば、
『規定ゲーム数以内に如何にブッた斬り目を引くことが出来るか』というものなんだパチ。

『花伝』や『ドリフターズ』のゲーム性が近いと思うパチ。
けれど、大きく異なるのはボーナスストックのシステムなんだパチね。

それこそが『次回ボーナス+1』という部分なんだパチ。
1回目ではストックが一つ、2回目はストックが2つと。
ボーナスを引けば引くほど増えていくわけなんだパチ!

例えば3回目ではどうなるかといえば、
引いたボーナス+ストックしている3回を一度に消化するパチ。

ATはG数減算方式なのでどんどん追い詰められる一方。
ボーナスを引けば引くほど1度で獲得できる枚数が増えていくというわけなんだパチねぇ

このシステムは面白いパチ!

もちろんATのゲーム数は減るだけじゃなくて、
ボーナス中の抽選などで増えることも
あるんだパチ。

ボーナスを引けば引くほど。続くほどにイケイケになっていく仕様なんだパチ!

次は一撃6000枚について説明するパチ!

一撃6000枚の謎

冒頭でも話したけれど、
本機の大きな特徴の一つとして『一撃6000枚』というワードが挙げられているんだパチ。

まず大前提として、本機は6.5号機出玉の上限が差枚数での2400枚になっているパチ。
つまり、「吸い込んだ枚数にプラスして2400枚出してもいいよ」ということなんだパチね。

https://maga-free.com/column/6991592d184be2e86f5a39bdac5000339c913fab.php

さて。先程話したボーナスストックですが、最大で8個なんだパチ
公式の資料によれば、この際の平均獲得枚数が3600枚らしいんだパチ!

しかし6000枚まではあと2400枚残っているパチね…
と、いうことは…。

引き戻しゾーンが用意されているんだパチ!
同社の『うしおととら』でも『激槍慟哭ゾーン』という名前で同様のゾーンが用意されていたパチね。

引き戻し率は50%と高い方で、ここからATを完走させれば2400枚が見込める。
結果、一撃6000枚が可能ということになる…ということだと勝手に思ってるパチ。

あと可能性としてありえるのは。
有利区間天井が3000Gあるから、そこで飲み込んだ分を吐き出すというパターンパチね。

まぁそこは腐っても6号機。すごい機械性能には必ず裏があるんだパチねぇ
釣り合いを取る必要があるんだパチ!

ともあれ。フィールズ初の6.5号機への挑戦ということで、
ひとまずはホールでの埋まり具合や試打動画を待つんだパチ。
いきなり飛び込むのは怖いパチ。

ATは面白そうなんパチけどね…。波に乗れなかった時を想像すると気が重いんだパチ。

最後までお読みいただきありがとうございました!