土日は連戦‼︎応援よろしくね😚

【面白そう】パチンコ関連機器で有名な『ダイコク電機』プログラミング教室を開く模様

『ダイコク電機』何故かプログラミング教室を開いてしまう

今の日本は比較的高度な情報化社会。禁煙はIoTもかなりの勢いで進んでいるんだパチね。。
実際、多くの人たちはスマートフォンなんかの高性能な機器を持っているんだパチよね?

機械とインターネットが切り離せなくなったこの時代
たとえ子供だとしても、むしろ子供だからこそそういった専門知識が求められる傾向にあるんだパチ!

そんな現代において、
パチンコ関連機器でブイブイ言わせているあの『ダイコク電機』が何か面白い試みをするらしいんだパチ!

ダイコク電機(名古屋市、大上誠一郎代表取締役社長)は、今年5月中に愛知県春日井市と小牧市の2会場で、小学2年生以上の親子を対象とした「ロボキューブ 親子プログラミング体験教室」を開催することを発表した。

ダイコク電機、「親子プログラミング体験教室」を5月に開催へ

何故かロボット関連の部署を立ち上げていた『ダイコク電機』は、
何年か前からこうした取り組みをしていたらしいんだパチね。

お母さんやお父さんと一緒なら緊張も少ないだろうし、
大人の方も新しい知識にアップデート出来るいい機会なんだパチね!

人材教育に貢献、からの…?

実は2020年ごろから、小学校においてはプログラミングが必修科目になっているらしいんだパチ!

余談だけど。これはこのネット社会に貢献、適応させやすくするのも目的なんだパチ。
けれど本質的な部分としては、プログラミングを通して論理的な思考を育むことなんだパチね。

これから必要とされる、もしくは必須となる知識を取得するお手伝いを『ダイコク電機』はしているんだパチ。

でも多分、それだけじゃないんだパチ。
こうしたイベントを行うことで、「こんな会社があるよ! こういうことしてるよ!」と知ってもらいたい狙いもきっとあるんだと思うんだパチ。

人材不足なのはIT業界もパチンコ業界もそう変わらないんだパチ。
まして、その両方に突っ込んでいる『ダイコク電機』ならなおさら優秀な人材がほしいはずなんだパチ。

このイベントに参加した子供の中から、将来のパチンコ業界を担う逸材が出てくるかもしれないと思うと、
ワクワクして夜しか眠れないんだパチね!

最後までお読みいただきありがとうございました。