土日は連戦‼︎応援よろしくね😚

【沖スロの未来】バルテック製PB機『アカジン-30』スペックが公開! これでええやん30Φ

沖スロの今

30φのメダル…一部地域ではデカコインと言うらしいけれど、
このデカコイン機が主流と言われている地域の一つが沖縄パチ

30φや完全告知演出を搭載した機種を『沖スロ』と呼ぶこともあって、
その影響力が伺えるパチね。

だけど今その総本山と言える沖縄では、
「沖スロ機の減少」がおきつつあるんだパチ。

例えばスロットが240台ある某パチンコ店を見てほしいパチ。

店内の1/2が沖スロでこそあるけれど、機種数ではわずか4種類
うち2つは沖ドキという、なんとも微妙な状況になっているんだパチ。

というか沖ドキとハナハナしかないこの状況は辛い…、辛くないパチ…?

地場ホールのPB機、『アカジン』

そんななか、沖縄県に本拠地を置く『サンシャイングループ』が30φのPB機を導入するということで話題になっているんだパチ!

それがこの『アカジン-30』
バルテックが制作する、30φのPB機となっているんだパチ。

ちなみに『アカジン』とは主に九州・沖縄地域で水揚げされる魚の別称らしいパチ
正確には『アカジンミーバイ』とかなんとか。

聞けば『沖縄3大高級魚』の中では最も高級なものらしくて、
塩煮でいただくのが美味しいらしいんだパチ!

沖縄に来たら食べてほしい! 沖縄のおいしい魚・高級魚6選

ワニなスペック

PB機といえば既存の機種が元になることが多いけれど、
この『アカジン』の中身は同社の『沖ワニマル』なんだパチ

毎Gレバーで抽選を行って、
ボーナス中の抽選で運がよければ1G連が発生するといったシステムパチね。

AT機ではあるけれど、実質的にはAタイプという感じの機種パチ

『アカジン』のスペックはこんな風になっているパチ。

『沖ワニマル』とボーナス合算と機械割はほぼ同じだけど
『アカジン』には天井がない、BIG確率が軽いなどの違いもあるんだパチね。

天井がなくなったことで、通常の30φAタイプのような遊び心地になるのはうま味パチ

疑似ボタイプで復権なるか

『ハナハナ』や『トリプルクラウン』等の5号機が数多く消え、
”沖縄らしさ”が消えてしまった同県のパチンコ店。

しかし『沖ワニマル』や本機の登場によって、
「Aタイプらしさを持つ台は6号機でも作れる」ということがしっかりと証明されたんだパチ。

今後。
こうした形式で沖スロコーナーはバラエティーに富んだラインナップに戻るかもしれないパチね。

沖スロという個性の絶滅は、まだまだ先になりそうパチ!

最後までお読みいただきありがとうございました!