日本がんばれ!( ・∇・)

【倍倍チャンス】コナミ『SハイスクールD×D2 ハーレム王に俺はなる』営業資料が公開! 初当たりで2400枚チャンス!?

  • タグ:

コナミ『SハイスクールD×D2 ハーレム王に俺はなる』ゲームフローが公開!

数日前にティザーPVが公開され話題になった『SハイスクールD×D2 ハーレム王に俺はなる』

2015年に導入されたKPEの『ハイスクールDD KR』の続編パチね。

コナミのお家芸である『アクセルAT』を進化させた『ブースターAT』を搭載しているらしいパチ。

そんな本機のゲームフローや各種資料をリークいただきましたので、
みなさまと一緒に見ていくパチ。

本機の通常時は周期抽選となっているようで、
周期カウンタの減算と平行してAT初期枚数の期待度を上げていくシステムのようだパチ。

どことなく『戦コレ家康』を思い出すパチね。もっとも、あちらはAT中のテーブルに関する抽選を行っていたパチが。

ATは例によって疑似ボからスタートになるパチが、
その後に必ずATに突入する安心システムになっているパチ。

流行りの100%ATというやつですね。私好きパチよ。

AT開始時は特化ゾーンである『BOOSTチャレンジ』からスタートパチ。

『倍々システム』と書いてあるので某化物語を思い出すパチが、
図を見る限りこちらはもっと雑に倍々ゲームが行われるパチ

継続率やループ率は不明パチ。
元となる初期枚数は通常時の抽選で決定されるので、
枚数次第ではヒリついた遊技を楽しめる、かもしれないパチ…。

完走を狙える上位特化ゾーンも!

そんな本機には、『BOOSTチャレンジ』とは別に一撃で完走を狙える契機があるパチ。

それが『二天龍バトル』『キングスガーデン』の2つパチ

『二天龍バトル』は(恐らく)疑似ボが超高確率になるモード、
『キングスガーデン』は上位ATである『バージンロード』を走り切ると突入する上乗せ特化ゾーンパチね。

 

初回AT突入時に『倍々』でチャンスを掴めなくとも、
その後のATでも逆転が可能ということになるパチ

 

版権こそ若干イマイチな部分がありますが、
性能としては申し分ない機種になっているんじゃないのかなと思うパチ。

 

1k/32Gという低ベースだけは気になるパチね…。
詳細スペックが分かり次第また記事にするパチ!

最後までお読みいただきありがとうございました!