まりも大にいにい優しかった🥰

【セット継続】サミークラシック第3弾『Sアラジンクラシック』一部スペックが公開!

『SアラジンAクラシック』一部スペックが公開!

4号機時代における爆裂機の代名詞『アラジンA』
約12枚というとんでもない純増速度により、多くの中毒者を生み出したとか…。

そんな『アラジンA』が『サミークラシック』として6号機にリメイクされ再登場パチ!

初当たりは1/275.3~1/176.4ATにしてはそこそこ
疑似ボも込み込みであることに加え、
後述するアラジンチャンスも1セットにおける純増は少なめパチ。
そう考えると妥当な数値なのかもしれないパチね。

 

純増2.9枚で1セット30GのAT

今回のAT『アラジンチャンス(AC)』は、純増2.9枚で1セット30G続くのセット継続式のATパチ!。

ざっくり計算で1セット90枚以上を獲得できるですが、
ガメラのようにナビのヒキで枚数の上下がありそうパチ。

 

ATとは別の疑似ボも100枚ほどの獲得が見込まれていますが、
こちらも例によってバーを逆から揃えさせるいつものパターン。
要はこれ、ガメラのJAC1回が本機におけるAC1回に相当する感じパチね?。

ガメラではBIGフラグで最低5回分のJACをストック出来ますが、
本機はそれを一つずつ積み上げていくパチね。

ゲームシステムは『PSO2』?

本機の出玉の要であるのはACというお話はしましたが、所詮基本は30G。
ロング継続やセットストックもあるにはありますが、
純増2.9枚では吐き出す枚数もたかがしれているパチ。

つまり、それ以外の形でACを継続ないしは引き戻す必要があるパチ

そのために必要なものが、『状態』と呼ばれるAC高確率ゾーンパチ!

状態とACをループさせていくパチ!。

ん?これどこかで見たことあるパチね…。

P S O 2 だ パ チ ! 

ボーナスと集中モードをループさせる同機は、
その後の機種(例えばガメラ等)の試作機だと言われていたパチね。

低ベース機全体の作りや疑似ボ周りはガメラへ、
集中システムの仕組みはこちらへと応用されたようだパチ。

 

詳しい部分やスペックなどはPVの公開などを待つ必要がありそうですが、
これはこれでまた面白い機種になるのは間違いなさそうパチ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!